会社沿革

会社沿革

◇昭和4年4月◇

三浦板金加工所として帯広市大通り南5丁目4番にて屋根板金専業として創立。

◇昭和37年4月◇ 

事業拡充のため帯広市西13条南14丁目に社屋新築 。昭和41年 3月  

三浦板金加工所を三浦板金工業所に改組 。

◇昭和47年7月◇ 

独自の工法屋根・壁材の成型部門を併設し、有限会社三浦板金業所を改組し、

有限会社三浦工業を設立、資本金1,000,000円とし事業の拡充を図る 。

◇昭和48年5月◇

道住宅都市部において公営住宅に弊社独自の破風隠が採用される 。

◇昭和49年2月◇ 

建設業者(屋根工事)として許可認定される 。

◇昭和56年5月◇

工業専用地区である帯広市西18条北1丁目13に社屋新築し

新たに株式会社三浦工業を設立、資本金3,000,000円とする 。

◇昭和61年4月◇

株式会社三浦工業の資本金を8,000,000円の増資、企業体質の強化を図る。

◇昭和62年4月◇

帯広市西18条北1丁目17-16、現建物の東側に土地1,141㎡を購入する。

◇昭和63年4月◇  

更に同地東側に土地1,141㎡を追加購入、作業効率の向上を図る。

◇昭和63年9月◇  

株式会社三浦工業の資本金を12,000,000円も増資、

一貫生産供給体制の確立を図る。

◇平成2年3月◇

同地に隣接する土地、帯広市西19条北1丁目16-18、同じく16-13に

土地3,100㎡並びに1,618㎡を購入、鉄工加工工場として操業する。

◇平成7年3月◇ 

新たに事業の拡充と企業の合理化を図るため現在地を整理、

帯広市西2条南5丁目9-1に本社を構える。

◇平成13年7月◇  

帯広市西18条南1丁目2-24現地点に移転。

土地2306.15㎡、建物612.82㎡。

◇平成16年12月◇  

建物363.44㎡増築。